アントシアニンを用いれば目の霞が改善される

  1. ホーム
  2. 自然治癒力の低下

自然治癒力の低下

足元

自律神経の乱れ

冷え症になってしまうことは、仕方がないことと考えている人は多いでしょう。自分の体質だと考えてしまい、冷え症を改善しないままにしている人は少なくないはずです。しかし、冷え症をそのままにしておくことでその症状が原因となり別の疾患が発生する可能性があるのです。とくに、酷い冷え症になっている人は注意が必要だと言えます。では、冷え症によってどのような疾患を伴うのでしょうか。まず、自然治癒力の極端な低下や自律神経の乱れなどが発生しやすくなります。自然治癒力とは、体の新陳代謝が活発になっていることが最低条件となります。体の体温が低下してしまうことで、普通であれば自然に治ってしまう風邪の症状や肌荒れ、そして疲労回復などが極端に遅れてしまう恐れがあるのです。体の健康維持は、血液に流れ込んでいる酵素の力が働いています。この酵素の流れが正常になる体温は36.5度であり、この体温を下回ってしまうことで、酵素の流れが悪くなるだけではなく、酵素自体の働きも悪くなってしまいます。また、自律神経の乱れにも注意が必要です。自律神経が機能していることで、自分で意識しなくてもさまざまな臓器が正常に働き、呼吸や汗をかくなどの当たり前の機能が動いています。冷え症が起こることで、こうした臓器の機能低下が起こってしまうのです。こうしたことがきっかけとなり、さまざまな病気の発症にも繋がっていきますので、冷え症の改善はできるだけ早目に行う必要があります。